ブログ

今が幸せの絶頂?

Olá! Tudo bem? Harumiです。

3人の子育てに「奮闘!」はしていません。そういう意識ってないです、子育てに対して。
周りには昔から割と「頑張りやさん」て言われてきたけど、自分ではあんまりそういうふうに思ってなくて、どっちかって言うとめんどくさがりで怠け者。
だから子育てに関しても手を抜けるだけ抜いてテキトーにやってます。しかもここブラジルだし!その中でも田舎のカボフリオだし!

こういう場所で一生懸命頑張っても一人で空回りするんですよ。
仕事にしても何にしても、真剣には向き合います。けど別に「よし頑張るぞ!」とかってあんまり思わない。好きなことを好きなようにやってるんだから別に頑張る必要なんてないんです。
逆に言うと私はしたくないことはしない。昔からそうやってわがままに生きてきました。自己中に我だけ通して自分勝手に。

こんな私だから子供の世話なんてちゃんとできるのか結構不安でした。自分が子供だから。
「子供は3人欲しい」ってずっと思ってたけど、それは子供が好きだから、とかそういうのじゃなくて自分も3人兄弟だし人としての最低限の義務を果たしたい、とかいう義務感みたいなものからで、あんまり母性みたいなのって感じたこと無かったんです。
生まれたばっかの赤ん坊を見たってそんなに「かわいいー!」とか心から思ったことなかったですし。
一人目の妊娠をした時だってお腹の中の子に一生懸命話しかけたりとかそういうの全然してないし、こんなんで生まれてくる子ほんとに可愛がってあげられるのかな、って不安ばっかりでした。

それから4年が過ぎてあっという間に3児の母となり、自分の価値観もすっかり変わりました。
子供、特に自分の子供は可愛くて可愛くて仕方がない。
これはもうどうやっても言葉では表しきれない感情。
結構想像力には自信があったけど、さすがにこの産みの痛みとか子供に対する愛とかって想像しきれなかった。経験しないと絶対にわからない!って心底思いました。

現在3歳9ヶ月の長女、1歳11ヶ月の長男、それから0歳1ヶ月の次女に囲まれて賑やかな毎日を過ごしています。
女の子は大きくなってからも買い物に行ったり日本へ帰った時に一緒にお風呂に入ったり、友達のように仲良くできるかな、って楽しみがあるけど、男の子はどうだろう、、いつまで一緒にお風呂に入れるんだろう、いつまでこうやって添い寝できるんだろう、って毎日そんなことを思いながらなんか切なくなるんです。
できることなら今のこの状態でずーっと近くにいて欲しい!って思っちゃう。
でも現実はそうはいかない!だから今のこの瞬間を大切に楽しみたい、って日々思いながらたくさんハグしてキスして、、。
でもその点はここブラジルで子育てできていることが本当にラッキー!って思います。
旦那さんとお義母さんの関係性を見ていると、自分も息子とこういう関係になれるのかな、って嬉しくなるから。日本とはちょっと違う。

子供が成長していくのって嬉しくて切なくて楽しくて、、色んな感情が入り混じって本当にワクワクします。
子育てをこんなに楽しめていることが本当に嬉しい。
まだまだやりたいこと、やり残していることは山程あるけど、子育ても意外としっくりきていて案外自分に向いてるのかも、と思っているので今は今でとっても幸せでこの瞬間こそが奇跡なんだろうと心から感謝しています。

子供が小さいうちが幸せの絶頂って話をチラホラ聞きますが、その意味はすごくよくわかる。
え、じゃぁこの先下がる一方?
じゃなくてきっと幸せのカタチが変わっていくんですよね。
でもやっぱり想像しきれない。だから楽しい。
ただやっぱりこの子供のうちの無邪気で無垢な笑顔は何にも変えられない宝物なので、この笑顔を絶やさないようにしよう、ってそこだけは心に決めて日々を過ごしています。

YouTubeの動画でも子どもたちの成長をたまに記録として上げています。
ぜひ視聴してチャンネル登録もよろしくお願いします!

記事をシェアする

3人年子育児

Olá! Tudo bem? Harumiです。
3人目の出産は予定日を過ぎても全く兆候がなく、検診の予定も無かったので情報収集のため41週を過ぎた時点で病院へ行き結局そのまま入院して促進剤を使って出産しました。

ここは帝王切開王国ブラジルなので予定日過ぎた場合ってどうなるんだろう、促進剤とかあるのかな、とか色々と不安がありましたが結果的に無事に出産に至ったので本当にホッとしています。
結局3人ともがそんな感じでした。
妊娠期間中も含めて何の異常もなく出産時、出産後も順調にここまで育児してこれていること、本当に奇跡だと思って感謝しています。
特に日本からこんなに離れた地での初めての経験づくしですから。

というわけで5人家族となって早一ヶ月。
意外となんとかなってます。
不思議というか必然というか一人目より二人目、二人目より三人目の産後の方が気持ちに余裕があって「意外と楽」って思えてる自分がいます。
上手に手を抜く術を覚えるんですね。そうじゃないと2人、3人とかそれ以上の子育てってできないと思います。
一人目の時はちょっと外食するだけでもとにかくしっちゃかめっちゃかで「もう無理!!」って思ってたのに3人になった今、既にあちこちで外食とかしちゃってます。
しっちゃかめっちゃかに変わりはないですが、自分のことながら対処がぱっぱとできるし何より心に余裕があります。
経験てすごい。
ま、これが数年後どうなっているのか、、それはまた未知です。
でも子育ては楽しくて案外自分に合ってるのかもな、って思います。
こんなに素敵な家族に出会えた、、これが何よりのクリスマスプレゼント!
そうそう、何気にクリスマスなんですよね。
真夏のブラジル、全然クリスマスの色気がないのですぐ忘れます。

記事をシェアする

予定日を5日過ぎました。

Olá! Tudo bem? Harumiです。
現在ブラジルで3人目の出産を控えています。
一人目は予定日通り、二人目は41週、、くらいだったかな。そして今回もまた40週に入っています。
予定日がはっきりしないのはここがブラジルだから。
検診をする先生、エコーを診る先生、実際に生む時に立ち会う先生、そして自分の計算、、全てが違います。
前回は母子手帳のようなものに書かれていた週数ではもう余裕で41週だったのと、臨月に入ってから検診に行っていなかったこと、それに加えてブラジルが帝王切開王国なことを合わせると、陣痛が始まって病院に駆け込んだ時ちゃんと無事に自然分娩で産めるのか不安でした。
結果、その時にいた医師の計算では40週と言われたので特に問題無し。
今回は3人目ということもあって自分自身もあまり細かい計算をしていないんですが、確か医者とエコーの結果、それから自分の計算はだいたい同じくらいだったので、そう考えれば今現在40週5日くらいでほぼ正解。
もうそろそろ出てきてもいい時期ですよねー。
例の如く臨月に入ってから検診もエコーも行っていないので、この後2,3日で生まれてくれればいいんですが。
仕事にもまだかろうじて行っている状態。とは言っても今は週に一回1時間とか2時間とか、、なんですが色々と宙ぶらりんなのでもう早く生んでしまいたいですねー!
私のお腹って居心地いいのか3人共割とのんびりだ。
にしても一人目が出産の時期もかかった時間も一番早かったので、これもわかりませんねー。
あぁ陣痛怖いです〜。

記事をシェアする

こちらのブログ全く更新していませんが、、

Olá! Tudo bem? Harumiです。
予測していましたがあんまり書けてないですねー。ブログって今までも続けられたことがありませんでした。
YouTubeの動画の方はかれこれ3年になりますかー、細々と続けているんですが。
このサイトも今の所特に使い道も決めておらず、まぁなんとなくで作ったのでほぼ放置状態!
こことは別に地球の歩き方特派員ブログの方はなんとか月4本のブログは執筆していますがなかなか大変です。
YouTubeに関しては元々カメラが好きだし、それ以上に編集作業が私は好きなんで正に自分が楽しいからやっている、そういう感じ。
まだまだ自分の求めているものとは程遠いですが、子育てや仕事の傍ら、そして他に特にやることのないここブラジルでの平凡な生活を逆手に取って、いい時間つぶし、気分転換、それにいい自己表現の場になっているので今後も続けていきます。
なんとなくこのページにたどり着いた方がいらっしゃったら是非動画覗いてみてください。
チャンネル登録もお忘れなく!

https://www.youtube.com/c/HarumiSato-porutogarugo

記事をシェアする

遊びに来るならカボフリオっていい街じゃん。

先日サンパウロから知人がここカボフリオを訪れました。
私もブルーノも仕事を調節して3日間カボフリオ観光のお供をしました。
普段から見慣れたビーチも観光客の「おぉ〜〜!」という歓声が上がるとなんかちょっと違って見える不思議。
悪い気はしないですね。

Arraial do Caboというカボフリオの隣町から出ているボートツアーはこの辺の観光の一番の定番で、私はカボフリオへ来て6年になりますが一度も行ったことがなかったので今回初めて体験してきました。

あとは私達が普段食べているB級グルメや定番スポットの散策、スタンドアップパドルに挑戦したり、ここに住む私達にとってはいつでもできるアクティビティばかりですが、住んでいたらわざわざやろうと思わないしやっても一回やそこらですよね。
ですので今回改めて観光客目線でこの街を見ることができて楽しかったです。

ただ、あ、そうだ、まだ言ってなかったんですが今3人目を妊娠中で、現在安定期とは言えども無理はしちゃいけない体、、なんですが今回やっぱり無茶をして体に負担をかけてしまったのか、皆んなが帰った後1日、2日は体調が悪くて反省しました。
何事もなく無事に出産できるといいんですが。
残りの3ヶ月ちょっとはできるだけ体に負担をかけるようなことはしないで穏やかに過ごしたいです。
あ、でも9月に海外旅行の予定が、、、。

記事をシェアする

ブラジルの近過ぎる距離感

こんにちは!

ブラジルに来た当初は知らない人でもamigo(友達)って呼んだり、挨拶のキスやハグのスキンシップ、いつでも家族という親族が近くにいて友達でも特に仲のいい人は家族って呼んだりするこのブラジル人の温かさに惚れていました。

そこから6年が経った今、それがそっくりそのままストレスになっています。 
やっぱり人の育った環境とかそれに伴った人の性質ってなかなか変わるもんじゃないです。

私の日本での自分の家族との関係性って実にドライです。
決して愛情がないわけじゃない。長いこと離れて暮らしている分色々美化されることもあってその分余計に家族を愛おしく思える面もあります。
誕生日や母の日などにはプレゼントを贈って電話もかけるし、日本だとちょっと「照れくさい」っていう風潮があるけどそこはブラジルを習ってできるだけ「ありがとう」とか「最近どう?」っていうコミュニケーションは大事にしたいな、って思ってます。

動画でも話したことあるけどブラジルで一番好きなとこが「愛」。
とにかく愛情表現がストレートで熱い。

でもーーー、、、、、、、、、、やっぱいっつもだと疲れるーーーー。
それに人による。

自分の旦那様や子供たちには常に愛情を持ってコミュニケーションを大事にして、「家族」っていうものを守っていきたい。ブラジル人の家族を一番に想うその姿勢は素敵だな、って思います。
でも冒頭でも触れましたがブラジルでの「家族」のくくりってデカいんですよ。
親戚どころか親族、「この人誰?」っていう人までくくられて、ちょっとパーティーやろうもんなら結婚式の披露宴?てほどの人が集まったりしてそれはそれはもう一言で言うと「めんどくさい」。

週末は必ずどっかしらでイベントがあります。
誰々の誕生日、祝日のお祝い、シュハスコ、名もなきパーティー、、自分たち家族でなんとく「今週の日曜日は〜」とかって予定を考えてても滑り込みで家族のイベントが舞い込む。

日常においては私の住むカボフリオ、その中でもさらに田舎なので自分が家に居る時は鍵をかけていません。
するとどっからともなくやってきた叔父に勝手に家のドアを開けられることなんて日常茶飯事。これはさずがにイライラする。

旦那様のお母さんとは仲良くやってます。でも過剰な愛情が鬱陶しいこともしばしば。
もうよっぽど慣れました。旦那さんがお義母さんと電話やメッセージでやり取りしているのはもうほとんど何も感じず、「好きにして〜」って感じ、、だけどちょっと離れてると私のケータイにも「ハルミおはよう!元気?子供たちは?何か変わったことない?」ってコピペの文章が毎日送られてきます。
そんなに毎日変わったこと起きないし逆に毎日毎日「元気で〜〜〜す!!」ってほど元気じゃないし、でもめんどうだから「元気!!!」って返すし、定期検診とかで病院行っても別に対して報告することないからわざわざ確認のメッセージいらないんですよねー。何か緊急事態があればこっちから連絡するし。。

私自分の母親ともそんな会話しないもんだから結構これ苦痛で、、、、、。
「放っといて〜」って言いたい。

ま、これは日本だからとかブラジルだから、っていうわけでもなくて「結婚」っていうテーマでもある。

でもなー、、とりあえず私この親族の輪から早く出たい。
最初にも言ったけど決していらないわけじゃない、、、でもそんなに毎週末皆んなで一緒にならなくてもいいです。

記事をシェアする

トイトレ順調!

オラー!ハルミです。

3歳娘のオムツはずしを初めて1週間ほど経ちましたが、結論から言うといい感じです!
最初の2日くらいは特に失敗の連続で挫けそうになりましたが(私が)4日くらいした頃から自分から「しーしー」や「ここ〜(うんち)」と言い出すようになって、トイレに連れて行くと実際にできてそれはそれは嬉しいものですね。

自分も娘もストレスで「まだ時期じゃないんじゃないか、、」と旦那さんに嘆いたら、「学校でも手伝ってくれてるしもうちょっと頑張ろうよ」って、まぁ本人は昼間ずーっと家にいないし夜も娘が寝る時間にしか帰ってこないからね、そういうことが言えるわけです。

その後私が夜仕事の日、家に帰ってきたら娘オムツ履いてるし!「え、なんで?」と聞くと「さっきもらしちゃったから。でもよかったーその後すっごいうんちしてさー!」って勝ち誇ったように、、。

同じお母さん達ならこの私のイライラがわかるはず、、。
こっちは朝から下の子のオムツを替えたりご飯の世話もしつつおもらししたパンツや床を何度も掃除して必死でやってるわけです。
一回のおもらしでさっとオムツ付けられたらこっちの苦労が水の泡、、ってか前日に自分が言った「頑張ろうよ」って言葉完全に忘れてますよね。

まぁ何はともあれ一週間経った今、まだまだ失敗も不安もありますが確実に前進しています。
嬉しい!
まだまだ夜はオムツですが、とりあえず一歩踏み出せたので大満足です。

記事をシェアする

3歳児のトイレトレーニング

娘が学校(幼稚園)に通い始めて3〜4ヶ月経ちますが、先日先生から「今日トイレでおしっこしたので徐々にオムツはずしていきましょう」という支持がありました。

オムツはずし自体は娘が2歳半くらいの時に何気なくトイトレをやってみると意外とすぐにおしっこもうんちもおまるでできたので「このままオムツ取れちゃうのかな」と思ったんですが、その後何度もおもらしをしてしまい結局私の方が下の子のお世話と両立できなくて断念しました。

ちょうど年末の日本への帰省も控えていたので「んーーーー無理っ!」と開き直りました。

で、ここにきての再挑戦。

学校から帰ってトイレに誘ってみると、嬉しそうにおまるに座って何度もおしっこもうんちも上手にできました。

が、その後やはり何度も失敗してしまい私も毎回毎回優しく対応してあげられず叱ってしまうこともあり、そのせいもあってか徐々に「おむちゅ」とオムツを履きたがるようになってしまいました。

私も「こんなんならオムツを履かせてあげてもう少し待ってあげても」、、と思うんですが学校では先生も頑張ってくれてるし長期戦は覚悟して頑張るしかない、と気を振り絞ってますがなかなか成功例のようにうまくはいきません。

でもどこのお母さんもこうやって一人一人育てていくんだなぁ、と思うと本当に頭が下がります。

私のこれまでの育児では、おっぱいトラブルや離乳食、卒乳や夜泣きなどでそれほど苦労がなかったので(とは言っても相当大変です!)オムツはずしが今の所一番の悩みかな、、と思います。

それでも通らないといけない道なので長い目で見て頑張るしかないですねー。

記事をシェアする

土曜日朝一の授業

Olá! Tudo bem? Harumiです。

私はブラジルで日本語、英語と音楽の講師をたまーにしているんですが、土曜日の朝8時から今日も授業に行ってきました。

でもこの朝一の「学校の開いていない率」が結構高くて笑えます。

YouTubeの動画でもこのブラジル人の時間の感覚の話は何度かしているんですが、まぁ日本じゃあり得ないことが日常茶飯事です。

とは言え、いくら時間にルーズなブラジル人も仕事はそれなりにちゃんとします。職場によって厳しいところ、緩いところ、色々なんですが、私の職場は結構緩い方でそれに加えてここカボフリオは地域性で人も皆んな緩いです。

なので時間通りに行っても学校が開いていなくて前に生徒や鍵を持っていないスタッフがズラッと並んでいる光景をこれまでに何度見たことか。

今日は12分遅れでスタッフが鍵を持って登場。このスタッフ割りと新しい人で、最初しばらくは必ず余裕を持って出勤していたんですが今日は何かあったんでしょうか?

面白いのが、こうやって誰かが遅れて出勤してくる際、別に急いでいる様子もないし「すみません」の言葉もなければ文句を言う人、「何があったの!?」と問いただす人もいないところです。

何事もなかったかのように皆んな中に入っていって当のスタッフも、他のスタッフも何も説明や会話などをすることもなく通常の風景に戻っていきます。

私もその流れで誰に何を聞くわけでもなく、ごくごく自然に自分の仕事に就くわけです。

日本じゃあり得ないです。

自分が遅刻した立場なら形相変えて走ってって謝りまくるし、もしそこに上司みたいな人がいたらお咎めも食らうでしょう。同じスタッフなら「どうしたの?」って聞きたくなるし、お金を払ってる立場なら文句の一つも言いたくなります。

ま、しかし、ここはブラジル。全体的にこんな感じです。

文句言ってもしょうがないんですよね。言ったところで「ごめんなさい」って言う人は限られてるし、ヘタすると逆ギレされるかも。なんの得もないんですよ、文句言っても。場合によっては何か利益を得られることもあるけど、まぁはっきり言って「時間のムダ」になることの方が多い。

この辺は同じ海外でも例えばアメリカとかとは全然違います。アメリカは訴訟大国。文句言ってなんぼの世界。

だけど今回の時間の件に関して言うと、自分が一人できちきちしようとしてるとただただストレスになるだけですが、思い切ってこの波に乗ってみるとまぁなんとも心地いいんです。

「だって自分のせいで授業遅れたわけじゃないし、別に生徒も文句言うわけでもない。その分余分に働くとかしないし、特に急ぐ用とかもない。なんか問題ある?別に10分くらいどうでも良くない?」

まぁだいたいこういう空気ですね~。張り合いはないです。やる気も起きないです(笑)。だから田舎なんです。あんまり進歩ないし、刺激とか夢とかそういうのとは縁が無い。

「いい」とか「悪い」とかっていうのは考えないようにしましょう。別にどっちでもいいし、どっちでもない。

ただ、こういう土地に住むにはそれなりのコツっていうのがあって、それを掴めないうちはなかなか苦労します。どこに住むにしてもそうなんですけどね。

私カメレオンでよかった。環境への適応力は自画自賛できる。

記事をシェアする

ブラジルにだって家族間の色んなドロドロがあります。

あんまり読んでる人もいないかな〜と思うのでそれをいいことにちょっとした私のブラジル生活での愚痴を吐いていきます。笑

先日新居に引っ越しをしたんですが、その新居というのは旦那さんの両親、祖母と叔母夫婦が共同で土地を持つ場所で、彼らも家は違えど当然のことながらそこに住んでいるわけです。

それ以外にも数十メートル、数百メートル離れた同じ道にはまた別の叔母や叔父などが住み、とにかく常に家族の誰かしらの気配の感じる場所です。

元々は彼らの持ち物で生活エリアの土地に我々が無理やり家を建てましたし、特に私はよそ者なので何の文句の言いようもないんですが、まぁ毎日の生活となると色々問題は出てきます。

と言うかそれは引っ越す前から百も承知でした。

 

あぁ、、、ポルトガル語があまりわからずに「この人達みんな楽しい〜!面白いし優しくてフレンドリーで皆んな仲良しでいいな♥」なーんて無邪気に喜んでいた6年前が懐かしいし恋しくもあります。

言葉がわかってきたり日々の生活の中で人間関係などが色々と垣間見えてくると、知りたくもないドロドロや、自分の考察力も上がって様々な負の気持ちが芽生えてきます。

まぁ回りくどく書いても仕方ないのではっきり言うと、私にも苦手な家族、、生理的にダメな人がいるんですよねー、、。

そういう苦手な相手とは極力距離を取ることが私にとっては最善の策なんですが、こう今回のように「居」がスープの冷めない距離になってしまうと不可抗力で色々と目や耳に入ってくるんですよ。

声も、、もう駄目になってしまって、、声聞くだけでなんか「イラッ」っとするのとかこれどうしたらいいんですかね??

声がまたデカいんですよねー、、、常に攻撃的でマシンガンのような話し方、、。

あぁ、、、、やばーーーーい、、、ストレス感じてるー!!!!!!!

 

とにかく新居が完成したら一刻も早く正式に届け出をして税金も払って、将来の財産分与とかお金のトラブルに巻き込まれないようにだけはします!!!!

記事をシェアする