私の宝物、子供

長女4歳5ヶ月、長男2歳8ヶ月、次女10ヶ月

長女はブラジルで1年半幼稚園に通った後アメリカへ来てすぐに現地のプレスクールに入りました。朝の3時間だけ預かってもらうんですが先生も周りの子供も英語を話す環境です。最初二週間ほどが過ぎた頃先生に「家庭でもっと英語で話してください」と言われました。先生が英語で話しかけても反応が返ってこないから、ということでしたがでもたかだか二週間ですよ。ただでさえ環境が変わったばかりの4歳の娘にそれ以上のことを強要するのはやっぱり避けたかったので私はとにかく見守ることにしました。

それから一ヶ月ほど経って娘を学校に迎えに行ったある日、「今日は素晴らしかったわ」とものすごく褒められた日があり、その後もよく「英語もすごく速いペースで覚えているし素晴らしいわ」という声をかけられることが増えました。

嬉しいです。自分のことのように嬉しい。それに頑張っている娘がとっても愛おしい。表現方法がうまくわからないだけできっと「ツラい」って感じることもあるはずです。子供だって立派に感情は持ってるんです。それでも大人のように友達に愚痴ったり文字に起こしてネットに書き込んだりするわけでもなく、疑問を持つことすらないかもしれない、そんな中で必死に日々生きている姿は儚くも力強いと感じます。

3人の子供のうち唯一の男の子の2歳児は本当にやんちゃで、でも知らない人の前ではちょっと大人しくなっちゃうはにかみ屋。愛嬌があっていたずらっ子ででも「ごめん、、」って小声で言う姿が愛くるしくて、私のちっちゃい最高の彼氏です。ブラジルではお姉ちゃんが通う幼稚園に行きだして半年、そこからアメリカへ来て本当はこっちでもプレスクールやデイケアへ入れてお友達と遊ばせてやりたかったんですが、アメリカのデイケアがなかなか軽い気持ちで入れられるほど良心的でないことが主な原因で息子は今学校(幼稚園)には行っていません。

最初はそのことで結構悩みましたが、こちらの「デイケア」というのがそもそも日本の保育園に当たるもので両親が仕事をしていて子供を見てやれない場合に預ける場なので、一日家で一緒にいてあげられるならそれも貴重な時間だと思い悩むのは止めました。それでもブラジルで学校に通い出してわけがわからないなりにも先生になついたり周りの子供と遊んでいたり学校で作った作品を見たりお遊戯会で楽しそうに踊っている姿を思い出したり、息子の口から「僕の学校、、」というようなワードを聞くと何か胸がざわついて苦しくなります。

一番下の娘は寝返りやずり這いをし出すのが上二人と比べて早いかなぁと思っていたんですがその後全くお座りをしようとせず、ハイハイをする前につかまり立ちを完成させてアメリカに来た月齢8ヶ月の時点でもまだお座りとハイハイをしていませんでした。でもそこから間もなくこちらのアパートのカーペットが膝に優しいのかすぐにハイハイをし出し、お座りも上手にできるようになり今では伝い歩きもするしソファによじ登るしで、もう間もなく歩き出しそうな目が話せない10ヶ月の可愛い盛りです。

お兄ちゃんとお姉ちゃんという最高の遊び相手がいるので時に度が過ぎて泣かされていますが、たくましく育っていくでしょう。

目まぐるしく成長している長女、まだあるあどけなさが可愛らしい長男、その笑顔だけで周りを幸福にできる次女、、3人ともあっという間に大きくなってしまって、もちろんこの先まだまだ子育ては終わりませんが今のこのしっちゃかめっちゃかな「チビ3人」と一緒にいられる時間は限られてる。どんどん大きくなっていくんだなぁ、、と思うとなんだか切ないですね。

不思議です。子供の成長は嬉しい。だけどこんなふうに切なく寂しいものなんですね。親になってみて初めて子の結婚式での親の涙の意味がわかりました。幼稚園のお遊戯会でも簡単に涙腺が緩むんですもん。結婚式なんて本当に感慨深いんでしょうね。

と言う私は結婚式は挙げていませんが、たとえ式がなかったとしても子が成長して大人になって親から離れ、その後どんな人生を歩んでいくかというのは親にとって本当に、、なんて言うんでしょう、、子供が幸せになることが本当に最高の親孝行なんだって今の私にはよーくわかります。

片付けても片付けてもおもちゃでちらかる部屋、便器の中に手を突っ込んで遊んでいる娘、トイレットペーパーでぐちゃぐちゃのトイレ、お兄ちゃんとお姉ちゃんの喧嘩、おしっこが間に合わなくてびっしょりになった床、一人じゃ全然食べてくれない食事の用意、お菓子やパンの食べかすだらけのテーブルの下、部屋を掃除していると出てくる食べかけのパンのかけら、タンスの中に紛れ込んでる汚れたシャツ、パスワード誤入力が続いてロックがかかったパソコンやケータイ、、、

どれもカウントダウン始まってるんですね。

私の当たり前の日常ですが、これももう終りが近付いてるんですね。きっと寂しくなるんでしょうね。イライラして子供にぶつかってしまったことを思い出して涙を流すんでしょうね。

子供は本当に宝物です。

少し外に気が向くと「あ、もっと自分も輝かなくちゃ」なんて思います。でもそうやって外ばっか向いてると子供なんて育ててられない。家庭を守れない。

子供を育てるって本当に大変なこと。自分にできるのかな、って不安はたくさんあった。けど意外とできた。っていうか私をこういう気にしてくれるくらい子供たちが可愛いから。ただそれだけ。別に義務だとも思ってないから手抜くとこは思いっきり抜くし、全然完璧じゃないから失敗もするしイライラして怒鳴ったり泣いたりすることもあるけど、やっぱ子供がどうしようもなく可愛い、ってとこにすぐに戻ってくるから毎日続けられる。

子供たちの笑顔や「ママ大好き」の一言で私の心は一瞬で満たされて輝く。

でもその子供たちが大好きなママが元気で幸せに輝き続けることも彼らにとってきっとプラスになっていくだろうと思うので、私も子供たちと同じように夢を持っていつまでも挑戦し続けたいなぁと思います。

その姿を見て何かを学んで欲しい。

記事をシェアする

3人目の育児が楽過ぎる!

Olá! Tudo bem? Harumiです。
3人目の娘も早くももう2ヶ月。
新生児の頃からよく寝てくれて、日によっては夜起きないこともあったのですが、とは言っても授乳のためにちょいちょい起きてオムツを替えて、、という生活でしたが、一ヶ月を迎える頃には私自身の体もずいぶん楽になっていたし、3人目育児ということでそれほどのストレスも感じていませんでした。
それがここにきて、、

さらに楽になりました!
なんといってもこの子本当にお利口に寝てくれるんです。
ここ最近は特に、基本朝まで寝ます!
夜の寝かしつけ、、というか寝かし付けとかしてません。
おっぱいあげてオムツを替えてご機嫌が良い状態でベッドに横にしておくと勝手に寝ます。
次に起きるのは朝!
お昼寝もそんな感じで、必要以上に抱っこしてあやすこともないし、泣き止まなくて困る、とかそういうのも全く無い、、。
グズったら、というか起きたらおっぱいあげてオムツ替えて、機嫌がよくなったらベッドに寝かせる。それだけ!

こんなに楽な子育てがあっただなんて、、、一人目の時からこうだったら、、って思うけど、子供の個性もあるらしいですからなんとも言えないですね。
だけど、3人見てきて思いますが、本当に余分なことってしなくていい。
赤ちゃんもそれで幸せそうだし私自身も疲れない。
3人いる今よりも一人目の時の子育ての方がアレコレ大変だった気がします。
なんとかなるもんですねー。
まぁいくら手抜きの私でも最低限色々やることがあるのでやっぱり子育ては大変ですが、子供たちが笑ってくれたら全部吹っ飛ぶ!そのくらい子供はかけがえのないもので、子育ては楽しい。

今のこの瞬間を残しておくためにもYouTubeへの動画投稿は私の大切なルティーンになってます。
ぜひ視聴してくださいね♪

記事をシェアする

今が幸せの絶頂?

Olá! Tudo bem? Harumiです。

3人の子育てに「奮闘!」はしていません。そういう意識ってないです、子育てに対して。
周りには昔から割と「頑張りやさん」て言われてきたけど、自分ではあんまりそういうふうに思ってなくて、どっちかって言うとめんどくさがりで怠け者。
だから子育てに関しても手を抜けるだけ抜いてテキトーにやってます。しかもここブラジルだし!その中でも田舎のカボフリオだし!

こういう場所で一生懸命頑張っても一人で空回りするんですよ。
仕事にしても何にしても、真剣には向き合います。けど別に「よし頑張るぞ!」とかってあんまり思わない。好きなことを好きなようにやってるんだから別に頑張る必要なんてないんです。
逆に言うと私はしたくないことはしない。昔からそうやってわがままに生きてきました。自己中に我だけ通して自分勝手に。

こんな私だから子供の世話なんてちゃんとできるのか結構不安でした。自分が子供だから。
「子供は3人欲しい」ってずっと思ってたけど、それは子供が好きだから、とかそういうのじゃなくて自分も3人兄弟だし人としての最低限の義務を果たしたい、とかいう義務感みたいなものからで、あんまり母性みたいなのって感じたこと無かったんです。
生まれたばっかの赤ん坊を見たってそんなに「かわいいー!」とか心から思ったことなかったですし。
一人目の妊娠をした時だってお腹の中の子に一生懸命話しかけたりとかそういうの全然してないし、こんなんで生まれてくる子ほんとに可愛がってあげられるのかな、って不安ばっかりでした。

それから4年が過ぎてあっという間に3児の母となり、自分の価値観もすっかり変わりました。
子供、特に自分の子供は可愛くて可愛くて仕方がない。
これはもうどうやっても言葉では表しきれない感情。
結構想像力には自信があったけど、さすがにこの産みの痛みとか子供に対する愛とかって想像しきれなかった。経験しないと絶対にわからない!って心底思いました。

現在3歳9ヶ月の長女、1歳11ヶ月の長男、それから0歳1ヶ月の次女に囲まれて賑やかな毎日を過ごしています。
女の子は大きくなってからも買い物に行ったり日本へ帰った時に一緒にお風呂に入ったり、友達のように仲良くできるかな、って楽しみがあるけど、男の子はどうだろう、、いつまで一緒にお風呂に入れるんだろう、いつまでこうやって添い寝できるんだろう、って毎日そんなことを思いながらなんか切なくなるんです。
できることなら今のこの状態でずーっと近くにいて欲しい!って思っちゃう。
でも現実はそうはいかない!だから今のこの瞬間を大切に楽しみたい、って日々思いながらたくさんハグしてキスして、、。
でもその点はここブラジルで子育てできていることが本当にラッキー!って思います。
旦那さんとお義母さんの関係性を見ていると、自分も息子とこういう関係になれるのかな、って嬉しくなるから。日本とはちょっと違う。

子供が成長していくのって嬉しくて切なくて楽しくて、、色んな感情が入り混じって本当にワクワクします。
子育てをこんなに楽しめていることが本当に嬉しい。
まだまだやりたいこと、やり残していることは山程あるけど、子育ても意外としっくりきていて案外自分に向いてるのかも、と思っているので今は今でとっても幸せでこの瞬間こそが奇跡なんだろうと心から感謝しています。

子供が小さいうちが幸せの絶頂って話をチラホラ聞きますが、その意味はすごくよくわかる。
え、じゃぁこの先下がる一方?
じゃなくてきっと幸せのカタチが変わっていくんですよね。
でもやっぱり想像しきれない。だから楽しい。
ただやっぱりこの子供のうちの無邪気で無垢な笑顔は何にも変えられない宝物なので、この笑顔を絶やさないようにしよう、ってそこだけは心に決めて日々を過ごしています。

YouTubeの動画でも子どもたちの成長をたまに記録として上げています。
ぜひ視聴してチャンネル登録もよろしくお願いします!

記事をシェアする

3人年子育児

Olá! Tudo bem? Harumiです。
3人目の出産は予定日を過ぎても全く兆候がなく、検診の予定も無かったので情報収集のため41週を過ぎた時点で病院へ行き結局そのまま入院して促進剤を使って出産しました。

ここは帝王切開王国ブラジルなので予定日過ぎた場合ってどうなるんだろう、促進剤とかあるのかな、とか色々と不安がありましたが結果的に無事に出産に至ったので本当にホッとしています。
結局3人ともがそんな感じでした。
妊娠期間中も含めて何の異常もなく出産時、出産後も順調にここまで育児してこれていること、本当に奇跡だと思って感謝しています。
特に日本からこんなに離れた地での初めての経験づくしですから。

というわけで5人家族となって早一ヶ月。
意外となんとかなってます。
不思議というか必然というか一人目より二人目、二人目より三人目の産後の方が気持ちに余裕があって「意外と楽」って思えてる自分がいます。
上手に手を抜く術を覚えるんですね。そうじゃないと2人、3人とかそれ以上の子育てってできないと思います。
一人目の時はちょっと外食するだけでもとにかくしっちゃかめっちゃかで「もう無理!!」って思ってたのに3人になった今、既にあちこちで外食とかしちゃってます。
しっちゃかめっちゃかに変わりはないですが、自分のことながら対処がぱっぱとできるし何より心に余裕があります。
経験てすごい。
ま、これが数年後どうなっているのか、、それはまた未知です。
でも子育ては楽しくて案外自分に合ってるのかもな、って思います。
こんなに素敵な家族に出会えた、、これが何よりのクリスマスプレゼント!
そうそう、何気にクリスマスなんですよね。
真夏のブラジル、全然クリスマスの色気がないのですぐ忘れます。

記事をシェアする

予定日を5日過ぎました。

Olá! Tudo bem? Harumiです。
現在ブラジルで3人目の出産を控えています。
一人目は予定日通り、二人目は41週、、くらいだったかな。そして今回もまた40週に入っています。
予定日がはっきりしないのはここがブラジルだから。
検診をする先生、エコーを診る先生、実際に生む時に立ち会う先生、そして自分の計算、、全てが違います。
前回は母子手帳のようなものに書かれていた週数ではもう余裕で41週だったのと、臨月に入ってから検診に行っていなかったこと、それに加えてブラジルが帝王切開王国なことを合わせると、陣痛が始まって病院に駆け込んだ時ちゃんと無事に自然分娩で産めるのか不安でした。
結果、その時にいた医師の計算では40週と言われたので特に問題無し。
今回は3人目ということもあって自分自身もあまり細かい計算をしていないんですが、確か医者とエコーの結果、それから自分の計算はだいたい同じくらいだったので、そう考えれば今現在40週5日くらいでほぼ正解。
もうそろそろ出てきてもいい時期ですよねー。
例の如く臨月に入ってから検診もエコーも行っていないので、この後2,3日で生まれてくれればいいんですが。
仕事にもまだかろうじて行っている状態。とは言っても今は週に一回1時間とか2時間とか、、なんですが色々と宙ぶらりんなのでもう早く生んでしまいたいですねー!
私のお腹って居心地いいのか3人共割とのんびりだ。
にしても一人目が出産の時期もかかった時間も一番早かったので、これもわかりませんねー。
あぁ陣痛怖いです〜。

記事をシェアする

トイトレ順調!

オラー!ハルミです。

3歳娘のオムツはずしを初めて1週間ほど経ちましたが、結論から言うといい感じです!
最初の2日くらいは特に失敗の連続で挫けそうになりましたが(私が)4日くらいした頃から自分から「しーしー」や「ここ〜(うんち)」と言い出すようになって、トイレに連れて行くと実際にできてそれはそれは嬉しいものですね。

自分も娘もストレスで「まだ時期じゃないんじゃないか、、」と旦那さんに嘆いたら、「学校でも手伝ってくれてるしもうちょっと頑張ろうよ」って、まぁ本人は昼間ずーっと家にいないし夜も娘が寝る時間にしか帰ってこないからね、そういうことが言えるわけです。

その後私が夜仕事の日、家に帰ってきたら娘オムツ履いてるし!「え、なんで?」と聞くと「さっきもらしちゃったから。でもよかったーその後すっごいうんちしてさー!」って勝ち誇ったように、、。

同じお母さん達ならこの私のイライラがわかるはず、、。
こっちは朝から下の子のオムツを替えたりご飯の世話もしつつおもらししたパンツや床を何度も掃除して必死でやってるわけです。
一回のおもらしでさっとオムツ付けられたらこっちの苦労が水の泡、、ってか前日に自分が言った「頑張ろうよ」って言葉完全に忘れてますよね。

まぁ何はともあれ一週間経った今、まだまだ失敗も不安もありますが確実に前進しています。
嬉しい!
まだまだ夜はオムツですが、とりあえず一歩踏み出せたので大満足です。

記事をシェアする

3歳児のトイレトレーニング

娘が学校(幼稚園)に通い始めて3〜4ヶ月経ちますが、先日先生から「今日トイレでおしっこしたので徐々にオムツはずしていきましょう」という支持がありました。

オムツはずし自体は娘が2歳半くらいの時に何気なくトイトレをやってみると意外とすぐにおしっこもうんちもおまるでできたので「このままオムツ取れちゃうのかな」と思ったんですが、その後何度もおもらしをしてしまい結局私の方が下の子のお世話と両立できなくて断念しました。

ちょうど年末の日本への帰省も控えていたので「んーーーー無理っ!」と開き直りました。

で、ここにきての再挑戦。

学校から帰ってトイレに誘ってみると、嬉しそうにおまるに座って何度もおしっこもうんちも上手にできました。

が、その後やはり何度も失敗してしまい私も毎回毎回優しく対応してあげられず叱ってしまうこともあり、そのせいもあってか徐々に「おむちゅ」とオムツを履きたがるようになってしまいました。

私も「こんなんならオムツを履かせてあげてもう少し待ってあげても」、、と思うんですが学校では先生も頑張ってくれてるし長期戦は覚悟して頑張るしかない、と気を振り絞ってますがなかなか成功例のようにうまくはいきません。

でもどこのお母さんもこうやって一人一人育てていくんだなぁ、と思うと本当に頭が下がります。

私のこれまでの育児では、おっぱいトラブルや離乳食、卒乳や夜泣きなどでそれほど苦労がなかったので(とは言っても相当大変です!)オムツはずしが今の所一番の悩みかな、、と思います。

それでも通らないといけない道なので長い目で見て頑張るしかないですねー。

記事をシェアする

ただただ頑張って一日一日をこなしていく子育て

Olá! Tudo bem? Harumiです。

私は現在2児の母です。結婚願望はずっと強かったし、子供も欲しかった。

でもそれは「子供大好き!」っていうよりかは自分の両親を見ていて自然と「人っていうのは結婚して子供を育てるべきもの」っていう意識が強かったから、っていうだけ。

3人は子供が欲しい。

そこから逆算すると、このくらいで結婚して、子供を産んで〜、っていう漠然とした夢がありました。

だけど仕事するのも大好き。

とにかくじっとしていられないので結婚するまでは結構アクティブに色々なことを経験してきました。

そんな私にとってまず「結婚する」ってことは大きな大きなターニングポイントで、それを期に色々な変化がありました。

でもそれよりももっと大きな変化はやはり「出産、子育て」。

出産や子育てほど自分の身体や感情、人生や社会について考え直したことってなくて、これまでしてきたどんな経験もちっぽけに思えるほど私にとっては一大事件でした。そしてそれはまだまだ現在進行形。

これは恐らくほとんどの人、特に女性に共通するとは思うんですが。

子育てって、楽しいことも苦しいことも色々ありますが、具体的に何がどうなのかってなかなか表に出てこない気がします。

小さな喜びがたっくさんあります。

小さな愚痴がたっくさんあります。

でもあんまり幸せエピソードを出し過ぎたら周りに「リア充だ」とか「親ばかだ」とか「子供欲しくてもできない人もいるのに」とか色々言われそうだし、愚痴をこぼしたってなんやかんや言われそうです。

私もそのうちの一人で、日々感じることってたっっっくさんあって、でもこの感情のぶつけ所ってあんまり無くて、結構一人で戦うことが多い、、これが母親の宿命なのかなぁ?とか、、まぁそんなこと考えてる余裕もないんですよね、実際。

とにかく毎日必死です。

ただただ一日が普通に、平凡に、何事もなく過ぎ去っていってほしい、、、それだけ。

周りで活躍している人たち、若い人たちがキラキラまぶしい。

だけど嫉妬はしない。

そういう感情を持ち出すと子育てがうまくいかなくなる。

ただただニュートラルな自分でいないと今やるべきことから目を背けたくなりそう。

 

子供はかわいくてかわいくて仕方がなくて、本当に子供たちの笑顔があればもう他に何もいらない、って心から思えて、それだけの魅力、というか、、力を持っているんですよね、子供って。

でも、そこまで思っていても、ちょっとのことで爆発してしまいそうな爆弾、ピンと張り詰めた糸が母親の中には眠っていて、本当にスレスレの所で頑張っている、そんな毎日なんです。頑張っている、というか、本当にただただ毎日を必死で生きている。子供たちを必死にケアしている。

 

私にはまだまだやりたいこと、行きたい場所、叶えたい夢、そんなもの吐き出せばキリがないほどあるし、夢に向かって一直線な人を見たら羨ましい。

だけど家庭を持つことも私の夢だったし、健康な身体で子供を授かれたことはこれ以上ない幸せなのは絶対です。

 

ここ数年、感じることの多さとは反比例して発言は減ってきました。

大人になってきた、というのもあるのかな、と思いますし、感じることが多過ぎてそれをうまくまとめられない、というのもある気がします。

でも、自分の中で整理整頓して、将来見返すためにもアウトプットはしておきたいんです。

それはYouTubeで出している動画でも同じなんですが、まぁなんにしても今現在の私の環境ではできることにどうしても限界があって、以前はこの「限界」ってのが大嫌いだったけど、子供を持つとその辺にも変化があります。

特に母親っていうのは、自分を犠牲にしてでも子供のためになんでもできる生き物で、それでいいし、それが幸せ、と私も思えていて、そんな自分にもびっくりするほど人生観が変わる、、本当にとてつもない経験をさせてもらっているな、と思います。

時間はいくらあっても足りないし、あったとしても気力と体力もいっぱいいっぱいの日々。

その中で自分にできること、やりたいことを少しずつでも積み重ねていって、蟻ん子の歩みでも前進できていれば充分かな。

子供たちが元気でいてくれることが何よりの喜びです。

 

 

記事をシェアする

女って、母親って強い。

私が体調不良とかになると旦那のブルーノは頑張って家事とかやろうとしてくれるけど、その後すぐにダウンしていつも以上の睡眠を取らないといけなくなったりするので、結果的な私の仕事量ってあまり変わらない。笑

私がブルーノに子供を任せて30分でも横になるには「ごめんね、ありがとう」の連発だけど、その逆はごく普通の日常。

いいなぁ、男の人はトイレに行きたい時に自由に行けるし日曜日に二度寝したければ二度寝する。

母親がちょっと仕事をサボると「あぁダメな私、、」って少なからず自己嫌悪になったり場合によっては周りに避難されたり、、それなのに旦那がちょっとでもお手伝いしようもんなら「いい旦那さん」。しかも母親にはサボれない仕事が沢山ある!

子供は夜中でも急に泣き出すし朝は早く起きて下の子供を起こそうとする。朝ごはんの準備もしないといけないしオムツも替えなきゃいけない。

私が本気で体調悪くて立ち上がれないくらいの状況で自分から旦那に「お願い、、、」って言わないと助けてもらえない。

 

 

なんかちょっと愚痴になってきたのでこの辺にしとこっ、、。

吹き出す愚痴は沢山ある、、溜まってるのかもー!!!

記事をシェアする